忍者ブログ

選択したカテゴリの記事一覧

[PR]

2017.06.27 -
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   ▲ENTRY-TOP

李が出し藤夜がせかすバトンパス

2010.02.26 - バトン
すわりしままに書くは、最近肩が凝ってゴルフセット買って土建屋に叱られ上司に叱られ、 小説全然書いていないよどうしよ。ってことで、どうも。俊衛門です。


タイトルは要するに、李さんにバトンを出されて藤夜さんが「書けやゴルァ」って脅迫してきたってことね。
ちなみに元ネタは「織田がつき羽柴がこねし天下餅」っていう狂歌ね。「すわりしままに食うは家康」って、そのまま喉に詰まらせて死ねや! 天皇陛下を蔑ろにしやがって! なんて感情が先行したわけではない。そもそも日本の天皇は、権威の象徴で権力はあまり無かったわけであって。しかしこの間アメリカ人の歴史学者が天皇のことを「絶対王政の権力者」と言っていたんだよな。ああこいつわかっていない、って思ったけど一度英語で世界に発信されるとそれが「世界基準」になってしまうのが恐ろしい。言葉は凶器になるっていうけど、なるほど確かに凶器だ。非英語圏の国は非英語圏であるというだけで、世界から一歩遅れを取ってしまうわけだからな。

なんて、無駄話で行間を埋めてないでさっさとやれいという天の声が聞こえそうな聞こえなさそうな。いいじゃんね、だってこのブログ今まで辺境に投げ出されて、今やネットでは憂うべきマイノリティーとなっていてとどのつまり誰も見ていないんだから。
PR
電脳伝令棒
   Comment(7)   TrackBack(1)    ▲ENTRY-TOP

イラストとバトン

2009.06.17 - バトン
かあさま、お元気ですか。私は元気です。西ニッポンは暑いです。

どうでもいい。


研修はいま、営業実習にありまして。名古屋で、ひつまぶしも食わずに先輩にくっついていく毎日です。そんななか、天崎さんにイラストをいただきました。拙作『夜狗-YAKU-』のイメージイラストです。


22909267_1525359651.jpg










あらすじ

生命が解析し尽くされ、新たなテクノロジーが席巻する未来。一つの国の終焉とともに生まれた荒涼たるスラム、“中間街”で彼らは出会った。バイオの化け物を狩る女戦士と少女の物語。

夏休み、全国ロードショー的な、映画のポスターみたいな出来栄えでございます。

このクオリティー、すばらしすぎる。ただ天崎さん、イラストがあきらかに過剰装飾で、本文が追いついてないですよw これじゃ本文の方が添え物で、イラストがメイン、じゃないですかwww

早速、我が家の家宝にさせていただきます。ありがとうございます。今回の空想科学祭は……まあ、書ければ参加します。多分、短編参加ですが(^_^;)


さて、久々にブログったから書く事がない。なので、李さんとこから回ってきたバトンをやるとしましょうか。
つづきはこちら
   Comment(8)   TrackBack(0)    ▲ENTRY-TOP

生きてますからね、皆さんね

2009.04.26 - バトン
実習とかうぜーんだよド畜生!!


のっけからすみません。何となく、社会に馴染めきれていない俊衛門です。ついこの間まで学生だったのが、そんな半月やそこらで急に社会人になれるはずもなく、人事の人に「学生とは違うのだよ学生とは!」なんて怒られる毎日です。それこそ赤い彗星的な勢いで。そこで私は「怒鳴ったな、親父にも怒鳴られたこと(ry」

……もういいっすね、これ。

そういや、本サイトの足跡随分放置しておりました。というわけで、李さんと龍兄ぃ、どうもありがとうです。龍兄ぃは二回ですね、いやあんな過疎サイトに足を運んでいただいて、以外と暇なんで(ry 

失礼。そろそろちゃんとしたサイト、立ち上げたいものです。とかいいつつ、なかなか進まない。というか、作る気が起きない。なんだろうね、本当。やるやると言っておきながらやらないっていうのは、社会人としては失格DAZE☆

……そろそろ疲れてきた、マジで。


ネタ切れなんで、久々にバトンやりたいと思います。とりあえず現殿と龍兄ぃん所からかっさらってきたので、二連続でお届けいたします。基本的に適当なんで、あまり期待しないでくだせえ。
つづきはこちら
   Comment(3)   TrackBack(0)    ▲ENTRY-TOP

口調バトン

2008.12.15 - バトン
街がクリスマス一色になるなか、大してどーでもいいと思っているオトコが約一名。どうもみなさま、いかがお過ごしでしょうか。

数年前は、この時期になると日本海の荒波の如くに荒れていた我が心、今は地中海の凪いだ海のごとくに穏やかですわ。悟りの境地、っていうのかなこういうの。単に諦めたっていう意見もあるが。

いただきもののイラストを紹介するまえに、早村さんよりバトンを廻されましたので謹んでやらせていただきます。


……わりとあれな感じになってしまったので、続きにて。


 
バトンでっせ、旦那
   Comment(8)   TrackBack(0)    ▲ENTRY-TOP

すごい盛り上がり!

2008.11.29 - バトン
昨日チャットに来ていただいた、卯月さん、オトハさん、碧檎さん、光太朗さん、藤夜さん、早村さん、カトラスさん、じょーもんさん、どうもありがとうございました。なかなか濃い話題で、楽しかったです。濃いっていうか、コアっていうかねえw

卯月さんから腐男子について教わったり、藤夜さんと大人なチャットをしたり、エロ神さま降臨により腐敗vsヤリチンとかなんかカオスなバトルが勃発したりw じょーもんさんに太極拳のなんたるかをご教授いただいたり、実に楽しく気づいたら日付変わっていました。昨日は例によってダブルチャット状態で、裏で李さんのとこにもお邪魔していたのですがね、途中でちょっとハプニングがありましたが。そっちでは瑞菜さんとあいぽさんと、久しぶりにチャットご一緒できたので嬉しかったです。

さて、そんな中またまた専属絵師様から『夜狗-YAKU-』のイラストいただきましたよ。本当、いつもいつもありがとうございます。

加奈とショウキの、決別シーン

yaku.jpg









 
(第四章より)

 引き金に掛けた指、人差し指の筋肉が意図せずして収縮される。吐き出される銃弾、反動が骨に響いた。
 銃弾が、ショウキの肩に突き立つ。ショウキはよろめいた。撃った、という事実に加奈はしばし、呆然とする。
 刹那。
 獣の咆哮に似た、S&Wの銃声が響いた。オレンジ色の火焔が鮮やかに、同心円状の華を開かせる。マグナム弾が耳元を掠め、慟哭する銃弾の唸りを聞く。
鈴の手を握り締めた。ガラス細工のような手を、強く。鈴が少し、声を洩らした。加奈は後退る。ショウキが肩に手をやって、呻いていた。加奈はボートの方へと走った。
 その時、夜を切り取ったように加奈の周りが明るくなる。頭上で都市警の攻撃ヘリが空中停止して、LEDライトを照らしていた。
 見つかった。
『動くな!』
 とヘリから、警官が怒鳴った。ショウキが銃を構えて、発砲する。
 首筋ギリギリを通るマグナム弾。加奈の栗色の髪、ポニーテールにした髪を撃ち落とした。ばらりと髪が解け、首筋に薄く傷をつける。
「もう、抵抗するな加奈! お前を殺しちまう!」
 ショウキが叫んだ。悲痛な響きを伴っていた。彼方から呼びかける、それは遠くて空しい、残響だった。
 ――ダメなんだよ、もう。
「鈴、走るよ」
 と加奈が言う。鈴が頷いた、と同時に海に向かって走る。
 都市警のヘリが、チェーンガンの一続きの銃声を響かせる。銃弾が嵐となって降注ぎ、コンクリートを穿つ。細かく砕けた破片が舞い上がり、粉塵が視界を遮る。加奈は鈴の頭を抱えるようにした。
「加奈、戻れ!」
 と言うショウキの声を背にする。
 最後に降り向く。加奈はブローニングの引き金を引いた。

 銃火が交わった。

********


ってこのシーンなんだけど再現率はんぱねえ

ありがとうございます、早村さん! めがっさカッコいいです。なんか、研究の方がお忙しいみたいですが、その合間を縫って描いていただけるなんて。

思えば、空想科学祭に参加しなければ早村さんともオトハさんとも知り合わなかったわけですし、早村さんと「武道同盟つくりますか」なんて話しなければチャット設置しようとも思わなかったわけですし、チャットが無ければ碧檎さんともお話する機会もなかったし。まっこと、運命の巡り合わせはわからんぜよ(坂本さん風に)


んで、ここまでだったら日記カテゴリーなんですが、じつはもうひとつ。mixiの作家仲間さんから、バトンを頂戴いたしまして。その名も「闘うヒロインバトン」、なんとタイムリーw

ということで、早速次でやらせていただきます。


わりとカオスなバトン
   Comment(8)   TrackBack(0)    ▲ENTRY-TOP
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[03/11 俊衛門]
[03/09 じょーもん]
[03/04 俊衛門]
[03/03 針井]
[03/01 光太朗]
最新トラックバック
(03/06)
プロフィール
HN:
俊衛門
HP:
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
ブログの評価 ブログレーダー
アクセス解析