忍者ブログ

[PR]

2017.10.21 -
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   ▲ENTRY-TOP

李が出し藤夜がせかすバトンパス

2010.02.26 - バトン
すわりしままに書くは、最近肩が凝ってゴルフセット買って土建屋に叱られ上司に叱られ、 小説全然書いていないよどうしよ。ってことで、どうも。俊衛門です。


タイトルは要するに、李さんにバトンを出されて藤夜さんが「書けやゴルァ」って脅迫してきたってことね。
ちなみに元ネタは「織田がつき羽柴がこねし天下餅」っていう狂歌ね。「すわりしままに食うは家康」って、そのまま喉に詰まらせて死ねや! 天皇陛下を蔑ろにしやがって! なんて感情が先行したわけではない。そもそも日本の天皇は、権威の象徴で権力はあまり無かったわけであって。しかしこの間アメリカ人の歴史学者が天皇のことを「絶対王政の権力者」と言っていたんだよな。ああこいつわかっていない、って思ったけど一度英語で世界に発信されるとそれが「世界基準」になってしまうのが恐ろしい。言葉は凶器になるっていうけど、なるほど確かに凶器だ。非英語圏の国は非英語圏であるというだけで、世界から一歩遅れを取ってしまうわけだからな。

なんて、無駄話で行間を埋めてないでさっさとやれいという天の声が聞こえそうな聞こえなさそうな。いいじゃんね、だってこのブログ今まで辺境に投げ出されて、今やネットでは憂うべきマイノリティーとなっていてとどのつまり誰も見ていないんだから。

たっぷり字書きさんバトン

オリジナル・版権等の違いで答えにくい質問はスルーでどうぞ、だそうです。

・小説を書き始めたきっかけは?
高校のころの現代文の先生が、詩集とか出している人でして。その人が小説の師匠ってわけじゃないけど、いろいろ感銘を受けて自分でも何か書いてみたいって思ったのがはじまり。といっても、実際に書きだすのはさらに2,3年経ってからだったけどもね。

・創作を始めてどのくらい?
『監獄~』を いいねと君が言ったから 今日が私の創作記念日

つーことで、監獄街のUP日が創作始めです。

・書いているのは版権ですかオリジナルですか?
 版権ってつまり虹か。まあ、オリジナルのつもりだけど某レビュアーさんから「オリジナリティがない」といわれたよドチクショウ! 

・両方書く人は、版権とオリジナルで書く違いをどうぞ(長所短所も織り交ぜて)
 ん? 違い?

てめえの器量で勝負するか、他人のふんどしで書くか、じゃないの?www

あ、ごめんなさい。あまりに差別的発言でした。二度とこのような悲劇が起こらないように謝罪と賠償を(ry

ただ、二次創作の同人からプロに行く人がいるという事実もある以上、両者の違いってどれほどのものなのか。文化は模倣、学ぶは「真似ぶ」から来ていると考えればそれほど差はないのかもしれない。でも二次創作で満足している人のあまりに多い事w


・版権作品はどんなキャラに惹かれて書きたくなりますか?
 ツンデレ

と答えるとでも思ったのか?(CV:ブ〇リー)

最近、ツンデレがどうとか聞かないな……

・本(いわゆる小説)を読み始めた時期は?
 親父殿に、半ば無理やり「世界の名作シリーズ」みたいなのを読まされたときからかなw まあ児童書だけどさ。ちなみにその時の作品はコナン・ドイルの「失われた世界」。私の中じゃドイルはホームズからではなく、ロスト・ワールドの恐竜世界からだったんだよ。

ああ、あと少年探偵団シリーズをお袋殿から殆ど強制的に読まされたのも丁度そのころ。その後の創作人生で、ミステリーではなくSFに進んだのは、おそらく私の中で乱歩よりドイルの方が勝っていたからなんだろうなw ちなみにホームズも好きですよ。 

・本を読むようになったきっかけは?
 現実逃避。空想世界にしか、俺の生きる道はない。と悟った、小5の夏。

・簡単な読書遍歴を。または、好きな作家さん、特に印象に残っている本を挙げてください。
ライトノベルってものを読み始めたのは高校からだけど、あの頃に比べれば今のラノベって本当に「軽い」よね。昔はそれでも、もうちょい堅いものがあったと思ったけど。

SFにかぶれたのは、マイクル・クライトンからかな。『ジュラシック・パーク』は映画からだったけど。印象といえば、クライトンの『プレイ』が印象的。あの作品から、俺の脳内にはナノマシンが棲み付くようになったわけですw 

・どんな小説が好き?
 いろんな意味で「深い」もの。ストーリーをなぞっただけだったり、人間を描ききれず見掛け倒しの小説なんて、「小説」を読んでいるというより記号論理学のテキストでも読んでいる気分になる。もっとも、自分がそういう「深い」ものを書けている気はしないのが問題だけども。

・オリジナルのジャンルをどうぞ
 「これ、本当にSFなの?」って聞かれたら「凄くフィクション」と答えている。

・版権のジャンルをどうぞ(過去遍歴も)
 二次創作は「二次創作」ってジャンルなんじゃないの?

この間「読もう」でSF検索したら、なのはの二次が出てきてびっくりしたよ。できれば二次創作は別扱いにしてもらいたいんだがな~

●版権について
・オールキャラ?カップリング?

 カップリングってあれか。どっちが「受け」でどっちが「攻め」とかそういう奴かww

・パロディは書く?夢は?
 オリジナルでも、結構パロっている。パロってるっていうかパクってるっていうかね(何 

・年齢制限のある作品は書きますか?
 格 

・原作にどこまで忠実?どこまで壊す?
 まあ、忠実にすることはできないな。キャラ像を深く理解できていないと。だから書けないっていうのもある。

 しかし、キーワードに普通に「原作レイプ」とか書いちゃう奴ってなんなの?

・特別に好きなキャラはいますか?
 よく、「キャラクターは欠点を持たせよ」とか言いますが、攻殻の少佐みたいな完璧キャラも好みです。

・好きキャラへの想いをどうぞ。
 結婚してくださ(ry

・版権ならではのこだわりや気を遣うところは?
 スルーで

・版権だからこそ取り組めたテーマはありますか?
 キャラ愛?

・版権を書くようになって、作風が変わったことはありますか?
 スルーで

●作品について
・これまで書いてきた、または書いている作品のテーマ(主題)は?

 そんなもんねえよw

・一番気に入っている作品を教えてください。
 監獄街、かな? まだ完結していないし。

 大体、完結した瞬間にその作品は過去になってしまうから、どうでも良くなる。監獄街も、完結した瞬間にフェイバリットからは外れるだろう。

・書きやすいキャラ、書きにくいキャラは?
●書きやすいキャラ:
 真田省吾、晴嵐加奈、李聖鬼みたいな射に構えているような、リアルだと絶対に嫌われるような人物w 

●書きにくいキャラ:
 おにゃのこ。ちなみに俺の中じゃ加奈タソはメスには含まれていな(このコメントは友愛されました)

以下は、オリジナル向け。パラレルで挑戦されている方も、どうぞ。
・舞台設定の特徴
 近未来、東アジア、荒廃しきった街(笑)

なんとなくワンパターンになっているから、ここらで舞台設定とか世界観とかも変えて行きたい。ちなみに何故か拙作の書く未来では日本が無くなっていることが多い。普段、極右な程の右巻きな私の発言を見ている人から見れば違和感ありまくりなそうである。しかし、同時に韓国も無くなっていることが多いので、ひょっとしたら嫌韓を誤魔化すために日本も一緒に無くしているんじゃないか? って説が別にどこからも出てねーよそんなに注目されるわけねえだろうが。

・下調べはしますか? 調べる際の愛用の文献(ツール)などあれば。
 ググれ。そうすれば、世は事も無し。って、イエス様も仰っている。 

・一作の主要人物は、何人くらい?
  作品によるが、監獄街が水滸伝現象を起こしてしまって、最近は主要キャラが脇役に食われているんだがorz

・主人公は男女どちらで書く場合が多いですか?
 男が多い。この間、黒木露火さんに「おにゃのこ主人公は合わないんじゃない?」っていわれてその日枕を濡らしたのは内緒の話(私信:何度言われようとも、次のSFは女主人公で行きますから!)

・主人公は自分にとってどんな存在? 例:自分の分身、あくまでも舞台の中の一役者、など
 自分の分身なら、あんな簡単に殺さないわなw 

 勝手にやらせると暴走してしまう、アクの強い役者、かな?

・キャラへの愛着に、差はありますか?
 野郎よりもおにゃのこがいいに決まっているだろうがJK

●作風について。
・どんな作風が多いですか? 例:シリアス、コメディ

 「シリアス」に対となる言葉は「コミカル」では? 形容詞と名詞っておかしいだろう。大体コメディは「ジャンル」であって、作風は「コミカル」と「シリアス」と言うはずだ。全く、これだから日本の英語教育は。「侵略者の言語なんか使わん!」って覚悟もあるわけじゃなしに、英語教育するならもうちょっとマシな教育を……

え、えーっと。シリアスです。

・ハッピーエンド派?バッドエンド派?
 あれ、派閥あったの?

 バッドエンド主流と言われますが、別にその辺は意識していません。作者ができることは、キャラにしかるべきラストを与えるだけであって、そのラストがハッピーかバッドかは読み手が決める事です。 

・作中で「死」を書くことはありますか?
 あります。

・それに対する考えなど。
 だって、戦えば死ぬじゃん?

・恋愛は書きますか?
 ん、聞こえないな? なんつった?

 (私信:レンアイなんて僕にはムリだよー四十万さんw)

●創作の仕方について
・小説の書き方を教えてください。 例:登場人物を決める、プロットを組む、書きたいシーンから書くなど自由に

 作品ごとに違う。閃いた勢いで書くときもあれば、プロットを組んでから書いたり。キャラから書いたのは監獄街だけで、他は最初に世界を設定して書き出してます。 


・一話の所要時間は? 最短・最長なども踏まえて。
 最長……夜狗を書いた時は夏を潰したゼ。なんて青春だよw
 最短……五分の短編で、10分。これで「5分で書いた」ってならないのがまたつらいところ。

・書いていて楽しいシーンを教えてください。
 戦闘シーン

 と答えるとでも思ったのか?(CV:ブロ〇ーの中の人)

 それも楽しいですが、最近は会話とか書くのが好きですね。台詞の合間に人物の所作や表情を入れたりするのが。

 と、ここで藤夜さんに脅は……いや書いてもらいたいって言われた戦闘シーンのこだわりとやらを。こだわりって程こだわりはないが、リアルな戦闘を描きたいとは常々思っています。殺陣というものを考えたとき、ハリウッドみたいな美麗な戦闘なんて先ずないわけでありまして。やっぱ、勝負は一瞬で終る事が一番「理想」なわけ。といっても、本当に一瞬で終っても味気ないからバランスが大事ですがね。

アクションとか殺陣とかって、文章での表現は一番不利なわけです。やっぱ絵や映像で見た方が一番いいに決まっている。じゃあ、小説で出来る事といえば何か。見た目の動作や状況の描写に加え、身体操作や五感といった、「内的感覚」を表すことじゃないかなと。痛みだとか、あと呼吸や間の取り方などあたかも自分が戦っているような感覚に陥らせる。それが、小説で出来る戦闘のあり方じゃないかと。しかしそうはいっても、武術経験の無い読者にどのように読み取らせるか、という面では苦労します。
内的感覚を表すには、武術指南書や、あと元傭兵の経験談とか役に立ちます。あとはまあ、自分で何かやってみるのがいいかもしれない。オススメは武器術をやることですかね。武器が描ければ、徒手も描けます。

と、こんなもんでよろしか、藤夜さんw


・タイトルはいつ決めますか? また、タイトルへのこだわりは?
 すっげー適当につけている俺に、そういうことを言う?

 こだわりってわけじゃないけど、なるべく日本語タイトルをつけたいとは思っている。右翼だから!w 

・物語の始め方。プロローグをつけますか?
 そんな長々と描写してもしょうがないし。情景から入るのが、最近の常套手段。エロからはもう入らないぞ、エロからは。まあ、エロくもないけどさ。

・起承転結は意識してますか?
 そりゃ、大工に向かって「屋台骨つけますか」って言ってるようなもんだぜ?

・会話文と地の文、書きやすいものは?
 地の文。だって、小説のメインは地の文だし。なんでケータイ小説みたいなのが面白いのか、良く分からない。

・中心人物を決め、その視点でストーリーを進めますか?それともバラバラ?
 三人称で、かつ多元視点だから読みにくいそうです。でも仕方ない、そういう構成になっちゃうんだから。

 視点を固定せよ、とはよく言われるけどね。あまりこだわらない。面白きゃいいんじゃ、面白きゃ。
 
・他に気をつけていることはありますか?
 「てにをは」をしっかりすることと、句読点の使い方。

・創作の上で最も苦労するところは?
 睡魔との闘い

・自分の文章はどんな文章だと思いますか?(長所と短所も織り交ぜて)あくまで自己評価。
 映像的と言われることがありますが、それは逆に小説にしては短所でもあるわけで。硬い文章は一部受けがいいが、一部受けは悪い。なかなか長所短所は表裏一体なわけでして。

・どんな文章が書きたいですか?
 ギブソンや冲方のような、情景どころか質感や味覚、匂いまで漂ってきそうな濃いサイバーパンク文体。五感をフル動員させられて、人物の痛みとシンクロし、読み手の感情を抉るような鋭さを持った描写力が欲しい。優れた文章は、映像化したら逆に映像が劣って見えてしまうものです。

なろうじゃなかなかお目にかかれないけどね。でも、最近では理兵衛さんやあるれんさんの文章が一番理想に近い。

・他人から言われた評価で印象に残っているものがあれば。
 鬱になる、って企画のレビュー板に堂々書かれたけどねw

 あと流血がひどいとかグロいとか、まあそんな感じの感想が多いけど残念ながらそれは我々の業界では褒め言葉です。 

 戦いを「綺麗」に書こうなどと、そんなあめーこと言ってんじゃねえってことで。

・お気に入りのBGMはありますか?
 マキホルを聴きながら、ヘドバンしすぎて気持ち悪くなって、執筆できない…… 

・追加したい質問があればどうぞ。
 藤夜さんとこで、追加されていたんだが……

【文章模写鍛錬をする場合、教材にするのは好きな作家さんの作品か、それとも新たな作風発掘をetcなどの理由でジャンル違いの作品か、など、書写鍛錬に使う作品とその理由】
 
 模写とかしたことないんだが。何か意味、見いだせなくて。というか、面倒くさくて。冲方はよく参考にします。ただこの間冲方の新作が出ていたんだが、何か文章がフツーになっていたんだよな……きっと今度のは反吐はく程書いていなかったんだな。

・ズバリ、あなたにとって読書・執筆とはなんですか?
 読書:現実逃避
 執筆:自己満足(笑)

・答えて欲しい方に回してください。人数問わず。
 ロカさん、出番です。
 針井の兄さん、お立ち寄りの際には是非どうぞ。
 理兵衛さん、はやらないか。ってか、見てもいないよなw


もう、ゴールしても、いいかな?

PR
   Comment(7)   TrackBack(1)    ▲ENTRY-TOP

Comment

ここにコメント残すの久しぶりだなぁ - 李仁古

どうも。バトンを受け取っていただいてありがとうございました!

いやぁ、楽しく見ましたよ(^^)
まさか右翼だったとは(^-^;

色々と面白い事やためになる事もあったので、勉強になりました。ごちそうさまです!
やっぱりアクションや殺陣は楽しいですが、いざ書くと自分が想像していたものと違ったりしますよね。簡単そうで難しいという。まあ、僕は銃をバンバン撃ったりするだけなんでね。でも近いうちに武侠もの(?)を書く予定なので、「監獄街」とかを読んで勉強させていただきますよ(^ー^)

SFに女性は合わないですか。でも『攻殻機動隊』はばっちり合ってますよね。個人的にはどんなジャンルにも合うと思いますね。やろうと思えばf^_^;
次回のSFは注目ですね!

でも、いつか恋愛作品もやると信じてますよ。
あっ、あと。僕の5分作品に感想を書き込んで下さってありがとうございました! まさか俊さんからあんな事言われるとは思ってもみませんでした。

ではでは。
2010.02.28 Sun 18:41 [ Edit ]

はぅっ! 返り討ち!!⊂⌒~⊃。Д。)⊃ - せかしたくせに反応激遅藤夜でござる(汗

 ぐぬぅっ!! やっとこネット繋げる環境に戻って来ましたよ!ヾ(*`Д´*)ノ"彡☆

 来て早々八つ当たりは如何なモノか、とセルフツッコミ。
 本日もテンション高いキャラ設定で過剰反応しに来たTo-yaです(笑

 も、何なんですか、その挑発っぷりは(笑
 嫌々だったのね、嫌々!!o(><*)o o(*><)o

 ……ウソだ、絶対ウソだ、と思いながらニヤニヤ読んでいたんですけど、次第にじわじわと返り討ち発言が……(涙目

 えー、監獄街が処●作(無駄に伏字。笑)なの?! とか、どんな文章が書きたいのか、という設問が戦闘シーンについての回答よりも熱いとか、あれ、何それすんげぇポジティブ前向き回答で何か悔しいうらやましい! みたいな(一文が長い;

 戦闘に関するご回答、心底ありがとうございます!
 ぬぅ、やはりケーケン不足って痛いっすねぇ;
 確かに五感に訴えるってのは効果絶大です。
 ……と、東野圭吾さんの「さまよう刃」を読んで思ったのです。
 これは自分が上記の作品に登場した主人公と同じ「親」という立場、とか経験が五感を登場人物とシンクロさせたんだろうな、と。
 戦闘の痛さやスピード感や、どういった動きか、とかは、映像=外から見た光景だけでは臨場感が味わえないかも、と思いました。>小説において
 ……で、でもだからっていちいち殺陣とか犯罪とか犯してらんないっすね;
 頑張って指南書や経験談の収拾に励もうと思いますです、はぃ;

 あ、何かほかにもいっぱいアレコレ語りたいことがあるんですけど、すんごいちっこくなった右のスクロールバーのボタンがこゎぃ!><;
 相変わらずコメ残そうとすると異様に長くなってゴメンナサイです!
 次回どこかでお会いする時には、取り敢えずご要望にお答えして言葉で脅し掛けさせてもらいます(笑

(そしてきっとまた返り討ちに遭うんだろうな;)←小声;

3/2 1:50 追記です! これだけは言わせて欲しい!

素子さんは、素直に甘えられないところがまた完璧じゃなくて且つカワユイ!!
バトーさんになって
「素子ォォォォォッッッッッ!!!!!」
って叫びたい!!!←誰か止めろ;
攻殻ネタに食いつかないとは、なんて私らしくないんだ!(悔

 ぁ; ぃぇ、それだけですハィ…;

|退場| λ............トボトボ
2010.03.01 Mon 19:14 [ Edit ]

お久しぶりです - 光太朗

ときどき覗いておりますー>< 各地で拝見したバトンが!! おおおう、勉強になりました。なにが、とか書いてたらもう書ききれないほどにっ。こういうバトンは、見るのもやるのも勉強になります。刺激、刺激!! 俊衛門さまはなんというか前向きというかアクティブというかアグレッシブ? な感じでかっこようございます。尊敬です。
あと共感も色々……昔のライトノベル(というかそう呼ばれてなかったかも?)もっと堅かったですよね、とか。読書とか創作の入り口は現実逃避ですよね、とか(笑
ともかくごちそうさまでしたーー!! チャンスがあればやりたいので、とりあえずゲットしてきます! シュバ!
2010.03.01 Mon 20:56 [ Edit ]

うわおぅ! - 針井

 あちこちで良く目撃するめちゃめちゃ長いこのバトン、俊兄さんもやってるかと思えば。ちょ、回されてるやないですかー!(笑)
 ええ、やりますけどね。むしろ、やらいでか!(うるさい)
 ところで戦闘描写について。なるほどーって感じでした。五感や息づかいなんかを軸に書こうとしても、どうしても視覚的な描写に頼ろうとしがちになるんですよね。そこのところは、よく俊衛門さんの描写を参考にさせてもらってます。
 では、いろいろと長くなりそうなのでこの辺で失礼します。近いうちにバトンもやらせていただきますねー。
2010.03.03 Wed 22:35 [ Edit ]

コメレ……やちょっと待て(笑) - 俊衛門

どうも皆さん、私のことを過大評価しているようだw 素人作品を参考にするよりも、殺陣のうまいプロはいくらでもいるのだしそういう人の作品を読んだ方がよっぽどいいですよ~私のなんて参考にしてもらっても、べ、別に嬉しくなんかないんだからねっ!

と久々にデレてみたところで米返し。

>李さん
拙作はかなり右よりだぜよ。本当に、剣道やっても右手打ちだし、ゴルフやっても右に飛んじゃうし、ついでに車も右ハンドル、ってそりゃそうだわな。俺みたいな薄給が左を運転することなど未来永劫ない。

んなことよりも、武侠ってどっちかというとファンタジーみたいなものを想像する人が多いし、大体中国が舞台だからね。結構骨が折れると思うよ。まあ、頑張ってくださいw
ちなみに「合わない」ってSFにおにゃのこが合わないってことじゃない。あくまで拙作に、ってこと。SFとおにゃのこの親和性は語るべくもないでしょう、野郎出すよりよっぽど合う(笑

>藤夜さん
じゃあ、ポジティブにレスります(笑)

や、楽しかったですよ。バトン。そしてあなたのコメントの長さも織り込み済みです。けーけんそくなめんな! ってことですw

しかし、経験が大事といっても実際に人を殺す経験とか戦争に行く経験とか普通に考えればムリなわけでして。よしんば戦争の経験があるとしても、ジャングルで戦ったものが砂漠の戦いを経験だけで書く事はできない。人は完璧に他事を理解することなどできず、やはり想像に頼るより他ないわけです。

それが証拠に、拙作の銃撃戦の何とリアリティのないことか(笑) それと「痛み」がどうとか書きましたが、実際に斬り合えばアドレナリン過剰で痛みなんか感じないかもしれない。だからそこも、「想像」ですよね。

追記返し
少佐はでも、原作では彼氏が確認されていますし。その辺、抜かりは無いでしょw 「素子ォォォォォッッッッッ!!!!!」 はむしろ、フラレバトーの心の叫びなのだと推測されます。バトー涙目。

>光太朗さん
お久しぶりです。久しぶりすぎてブログって何? 何語? ってレベルですがそんなことはキニシナイ。

ちなみにアグレッシブって聞くと、森田まさのり先生の「べしゃり暮らし」を思い浮かべました。「あぐれっしぶ~」って、さっぶいなーとかw 森田まさのりの日常会話なんかは、漫画とはいえ参考になるなと。昨今のラノベは「漫画的」って言われますが、最近じゃ「むしろ漫画に謝れ!」って思うのは内緒の話。なんか、青少年向けのジュブナイルがラノベの走りでしたっけ? どうも最近は大きなお友達の愛読書ですよね、ラノベって。

どうぞバトン、持ち帰ってくださいまし。

>針井の兄ぃ
んー、でもわたしゃ視覚効果駆使した殺陣の方が好きなんですよね、実際w 冲方丁、読んだ事ありますか? あれが理想といえば理想。文章ぶつ切りだから、最初の方は慣れないけどね。

北方の殺陣とか、内的感覚「のみ」だから味気ないなって感じるときがあります。でも視覚描写のみの殺陣っていうのも、やっぱり「誰々が切って、誰々が返して」みたいな感じなんでね。両方うまく折り混ぜるのが一番じゃないでしょうか。針井さんも当然、バトンで戦闘について書いてくれるんですよね!?(圧力
2010.03.04 Thu 22:33 URL [ Edit ]

無題 - じょーもん

たまに覗いてたりします。

生存表明だけ…
2010.03.09 Tue 13:03 [ Edit ]

>じょーもんさん - 俊衛門

カムバーーーーック!!!
2010.03.11 Thu 17:10 URL [ Edit ]
コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

この記事へのトラックバック
TrackBackURL
  →

たっぷり字書きさんバトン

 俊衛門さんから回ってきたのでやってみる。  オリジナル・版権等の違いで答えにく
露火記 2010.03.06   23:17
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[03/11 俊衛門]
[03/09 じょーもん]
[03/04 俊衛門]
[03/03 針井]
[03/01 光太朗]
最新トラックバック
(03/06)
プロフィール
HN:
俊衛門
HP:
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
ブログの評価 ブログレーダー
アクセス解析