忍者ブログ

[PR]

2017.05.25 -
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   ▲ENTRY-TOP

開戦記念日

2008.12.08 - 日記
今日この日は、大東亜戦争のアジア・太平洋戦線が開戦された日です。終戦記念日ばかりがピックアップされていますがね。

なかなかに重いので、読みたい人は続きをクリックで。
1941年12月8日未明、日本海軍が真珠湾を攻撃したことによりアジア・太平洋戦争が開戦する。67年前、外務省の手違いで「騙しうち」の汚名を着せられた奇襲作戦により日米が相見える事となる。

戦争について語るとき、現代人の反応は2種類に大別される。日本はとことん残虐で非道であったと主張する人間と、無関心な人間。大抵、そういう人間はアメリカ側の、「原爆は、真珠湾の報い」というデマゴーグを鵜呑みにしてしまう。しかし、当時を生きていた人間にとってこの真珠湾が与えた世界への影響は大きかった。それは初めて、アジアの有色人種が欧米に銃を向けた瞬間でもあった。

当時、アジアの国々は次々に欧米の植民地となり、日本とタイ以外のアジア諸国は全て欧米の植民地になっていた。だが、日本が欧米と戦火を交えたことで、アジア諸国に独立の気運が高まった。だが、ご存知の通り日本は戦争に負けて悲惨な道を辿ることになる。なにより悲惨だったのは、日本人が歴史を学ぶことを手放してしまった。

現在、日本のしたことは全て悪とされる。戦争は相手あってこそであるのに、日本のみが悪とされるようになってしまった。GHQのネガティブキャンペーン、中国共産党の反日キャンペーンにより「戦争を起こした日本は全て悪」とされた。もちろん、日本軍は無知であるがために戦争犯罪を犯したのは事実である。だが、そうした負の側面ばかりが目立ってしまい、戦勝国の犯罪は見過ごされた。日本がなにをしたか、戦後東南アジア諸国で、日本兵が他国の独立のために戦ったことなど知らない。アジア解放という目標を、建前ではなく実際に掲げていたことは知らない。

日本を攻撃し、悪と断じた戦勝国が今何をしているか。中国で年間、どれだけ少数民族が虐げられているか。自らは日本を「東洋鬼子」と断じて被害者を装い、自分達の加害の事実を隠している。ベトナムで韓国軍が何をしたのか、調べて見るといい。先の戦争を、すべて「正義の勝利」としたアメリカは、あの大量殺戮すら正義としている。イラクで彼らがしたことすらも。

「本当の被害者、ってのは声を上げることも、自らの境遇を訴えることも出来ないもんだ。大抵は、時代に埋もれて黙殺される。苦しいとも、辛いとも言えずにな。声高に、自分たちが被害に遭っていることを主張できるもんじゃない。少なくとも、彼らと同じ時、同じ場所にいない俺たちが口に出せることでは、絶対ない」

『夜狗-YAKU-』で、ショウキに言わせた台詞です。日本が悪い、日本人は悪である。それを同じ日本人までが一緒になって唱え、そのせいで日本人は世界一盲目な民族になってしまった。チベットのこと、オリンピックが始まるまで日本のメディアは殆ど報じてこなかった。イラク戦争が始まると、保守を気取る知識人たちはこぞってアメリカを讃えた。世界でどれだけの血が流れようと、無関心な日本人。見せ掛けの、与えられた平和に目が霞み、世界中で滅び行く民族のことを知らない。世界で、そうした名も無い人達が、声を上げることなく死んでゆく現状を知ろうともしない。

そうした者達を守るために、先人たちが死んでいったことも知らずに。アジア解放の礎となった日本兵――もちろん、そういう人間ばかりじゃなかったけれども――彼らのことを思わずに、日本人は全て悪だといってその霊を慰めることもしようとしない。

監獄街や夜狗の世界というのは、そういう被害者達の物語です。虐げられている、そのことを誰にも知られない人々。省吾やユジン、“中間街”に住む人間たちの声を代弁したくてああいう世界を描いています。そして、これからもああいった世界を――声なき被害者たちの物語を作りたい。まだまだ不十分だし、自分はまだ世界を知らない。だから、SFとして人類に警鐘を鳴らしつつ声なき被害者たちの声を代弁したい。そう願い、自分は文章を練る。

なんか重苦しい話ですみません。戦争のことになると、やや饒舌になります。で、こうしたことを言うと「右翼」と罵られるんですよね。哀しいことです。
PR
   Comment(2)   TrackBack(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

無題 - 現

 どうもお久です。最近はろくに活動してませんが、世界史学んでるもんで色々と思ったり。

 実は後々書く予定の異世界モノでのテーマもこんな感じなのですが『歴史って戦勝国が決めてしまうんだよなぁ』と。
 歴史は正式な資料とその見解に基づくものだと主張されても、その資料自体が改竄されてたり、偏って誰かに都合いいものだったりなんかで結局は意図を繰り込ませることが可能なんですよね。

 南京大虐殺などがあったかなかったのかは分かりませんが、よからんことをやってしまった日本人もなかにはいると思います。
 が、バルフォア宣言とフサイン=マクマホン協定でアラブ人とユダヤ人の抗争激化の種を生んだイギリスやら、ミサイルの雨でもって自力でなんとかやり込めそうだったベトナムに対して『スペインを追っ払ってやるから』と横取りするかのごとく戦争に介入してそのまま実質支配、果てには枯葉剤をぶちまけてくれたアメリカやら、そういう罪を戦勝国がなぜか当然必然仕方ないと考えている、あるいは終わったことだから無関心でいるというのはおかしいだろうと。

 それに、外交権やら保護国化やらの問題はありますが、朝鮮に対して武断政治が始まったのも政治を一番知ってた伊藤博文を安重根が暗殺したためでもありますし。支配が正しかったとは言いませんが、ヨーロッパの援助やらあったとはいえ日露戦争でアジアの日本が勝たなければ下関条約での独立すらままならなかった可能性もあるわけで。
 ロシアのせいで第二次大戦ではなんか枢軸国側に数えられてしまったフィンランもいい迷惑だし、一方でイタリア人の大半は自分たちは連合国側だと言い張ってるとか。

 結局は第一次世界大戦の停戦条約から始まった『講話会議に敗戦国が参加できない』という状況にも問題あるような気もします。仏英の報復やら米ウィルソンやら絡んでるせいですかね。
 最後まで抵抗したがために日本に全部の罪のしわ寄せがきたというか、余計なものまで被せられてるのはあると思います。戦勝国には自分たちが行ったことは正義だと示す必要もあったのでしょうし。

 テレビ番組での『日本は侵略国家だったと思いますか?』『だったと思います』『それはなぜですか?』『教科書で習ったから』というやり取りにはうわぁ……と驚いたことがあります。少なくとも、戦争はもっと深く知るべきことのはずだよなあ、と改めて俊衛門さんの記事みて考えました。しかし字数が足らなくなるとは!
2008.12.09 Tue 00:50 [ Edit ]

米返 - 俊衛門

>現殿
お久しぶりです、字数が足りなくなるほど賛同いただきありがとうございます。

そうですね、第三世界の紛争や分断国家は米ソ冷戦に端を発するものですし、因果応報って考え方は好きじゃないですが9・11だってアメリカ型のグローバル経済が生み出した貧困が原因だったりします。ちなみに、そのアメリカ型経済は崩壊しましたが。
戦争はいま、この瞬間にでも起こっているというのに、日本の平和主義者たちは日本を叩いてさえいれば平和が保てると勘違いしている。哀れな被害者、元慰安婦に謝罪せよ、補償せよ、ととっくに終った問題を持ち出して騒ぎ、中国の民族浄化のことは何も触れないというこの矛盾。

かつて、「日本無罪論」を唱えたパール判事は「東京裁判の被害は、原爆のそれより甚大である」と語りましたね。思うに、日本人が歴史を学ばない、学ぼうとしない姿勢を見抜いていたのではと思うのです。お題目のように日本が悪いといえば良いと思って、政治にも外交にも無関心な日本人が増えたんでしょうかね。現さんのように自ら知ろうと動く人が、少しでも増えてくれることを祈っています。そして私は、ネット右翼に従事するww
2008.12.09 Tue 18:55 URL [ Edit ]
コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

この記事へのトラックバック
TrackBackURL
  →
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[03/11 俊衛門]
[03/09 じょーもん]
[03/04 俊衛門]
[03/03 針井]
[03/01 光太朗]
最新トラックバック
(03/06)
プロフィール
HN:
俊衛門
HP:
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
ブログの評価 ブログレーダー
アクセス解析