忍者ブログ

[PR]

2017.07.27 -
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   ▲ENTRY-TOP

正解は“しっぴつ”

2008.07.22 - 日記
でした。はい、正解された方はいなかったようなのでプロットは見送り。まあ、「そんなものいらん!」って方が殆ど、というかすべてでしょうが(笑)

いままでは授業中にプロット書いていたんですけど試験が近くなったので、最近は真面目に授業を聴くようになりました。「授業中」、これがポイント。もちろん、普通に机に向かって書くこともあるんですがね。なんか、授業中に書くとやけに作業がはかどるんですよ。まったく、酷い不良学生だ(笑) こういう大学生が、日本の教育水準を下げるんだな。よいこの皆は、まねしないでね♪

で、なぜはかどるのか考えてみた。一つは、とくにやる気のない教授のやる気のない授業で書く場合。こういう授業って、学生の大半は寝ているから大抵静かに作業できる。教授の声も、ぼそぼそと聞き取りにくいことが多いし。そうなると、下手に大学のラウンジとかで書くよりよっぽどいい環境が得られるんですよ。まあ、学費払ってもらっている身でこんなことするのも心苦しいが。

もう一つは、講義内容からヒントを得られることがあるということ。ものにもよるけど、基本的にワタクシは理屈っぽい小説を書くのが好きな人でしてw 特に、人物よりも社会構造を描き出すことに無類の喜びを感じる変た……あいや変り種です。ホント、人物が記号扱いになってでも世界観をつくるのが好きという、だからネット小説じゃ受けがわりーんだよアホンダラという天の声が聞こえてきた気がするけど脳髄ごと無視する。

社会学、特に経済学系の講義を受けると時々ヒントのようなものが生まれる。例えば、『監獄街』における社会構造。難民と支配層、というまるで南北戦争前の奴隷制度みたいな社会だが実はあれに似たことは世界中で起こっている。アフリカや、中東の発展途上国。その昔、イギリスをはじめとした先進国が侵略し、その国の経済を作り変えてしまった。いまや、旧植民地の国々はモノカルチャーという一つの作物を輸出することでしか生きてはいけない。成海の街も、ある種のモノカルチャーであの街にはある一つの産業しか根付いていない。もし、それがなくなったら難民たちは皆死に絶えると言う設定。なんの産業かは、これから言及していくけど。

あと、『マシナリー・クリスマス』では直接言及されなかったものの、リーシュたち特殊機甲兵は少女時代に機械陣営に拉致された人間の子供を改造してつくられた、いわばアフリカの少年兵のような存在である。(その辺の設定を生かそうと思ったら字数をはるかにオーバーしちゃったので、仕方なく「人間時代の思い出」とかいった焦点をぼかした形にした。もし、続編を書く機会があったらその辺のことも書きたい)。これも、講義を受けているときに与えられたヒント。そう考えると、大学というのはまさにネタの宝庫である。もう少し早く、このことに気がついていればな。

と、寝てもさめても小説のことばかり考えているのでいざ試験となるとまるで勉強が足りていないということに気がついた。ああ、やべえ(汗) しかし、勉強もしないでネットをやっている馬鹿一名。

そういうことで、しばらくネットから姿を消しますん。ブログにはお邪魔すると思うので、もしコメントがあったらかまってやってください。
PR
   Comment(2)   TrackBack(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

なるほど - 李仁古

くー(>_<)
外れたー! プロット見たかった。

僕も学生の時は授業中にプロット書いてましたよ(^^)
なんか授業中の方が集中して出来るんですよ。家でも書けない事はないんですが。なんか授業中にプロットが思いつく事が多いんです。理由は不明ですが。

なるほど。奥が深いですね。やっぱり人気作家は違いますね。僕にそれが出来るわからないっすよ。途中で放棄しそう。

勉強頑張って下さいね。ファイト(`□´)┘
2008.07.22 Tue 22:04 [ Edit ]

コメント……返し(長門風に) - 俊衛門@雷怖い

長門は俺の(ry

>りーやん
人気作家って誰よ。

プロットはねえ、結構あれインスピレーションというかいきなり降りてくるよね。授業中とかが特に。あれかな、リラックス状態だとアイディアが沸くらしいけどそれと同じこと? 眠いような、なんかリラックスしているような状態だとw 

そういえば、風呂に入っていてもプロットが思い浮かぶことがあるからな。うん、授業はリラックスして受けるべし(笑)

勉強ねえ、ま適度にやりまっさw
2008.07.23 Wed 19:29 URL [ Edit ]
コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

この記事へのトラックバック
TrackBackURL
  →
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[03/11 俊衛門]
[03/09 じょーもん]
[03/04 俊衛門]
[03/03 針井]
[03/01 光太朗]
最新トラックバック
(03/06)
プロフィール
HN:
俊衛門
HP:
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
ブログの評価 ブログレーダー
アクセス解析