忍者ブログ

[PR]

2017.05.25 -
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   ▲ENTRY-TOP

今週のビックリドッキリメカ的な

2008.07.11 - 小説

『監獄街』 第八章の16 更新

ncode.syosetu.com/n2479c/

雪久vs金


そろそろワンパターン化してきたかな……と思わなくもない。敵との邂逅→戦い→邂逅→戦い、てな風に。とりあえず脳内で「こいつとこいつが戦ったらどうなるんだろう」という妄想のまま書いているんでねw 

『監獄街』を読んでくださった、あるいは少しでも目を通してくださった方に訊きたいのですが、監獄はライトノベルなんでしょうか? 自分としてはラノベ、特に冲方丁氏や賀東招二氏の文章を参考にしていたりするので、書き方もラノベなんじゃないかなーと思っているんですが。しかし、扱っている内容は18禁とは行かないまでも中高生向きじゃないだろうし、「萌え」だとかそういう漫画的要素は盛り込んでない、つーか受け付けないし。恋愛要素は皆無に等しい。おそらく、文章以前にそういう萌え要素がなければ一次審査も通らないかもと思うわけです。だからって、ラノベじゃない一般文芸に耐えうるかと言われたらちょっと文章がお粗末だし。

一般に言う萌え要素、ツンデレ、どじっ子、ヤンデレなんかははっきりいって漫画でやればいいと思うんですよ。わざわざ小説にするんだから、もっと心情描写、情景描写にこだわった物を書きたい。ケータイ小説なんて読まないけど、あれも自分の書きたい物とは違う。

ま、ツンデレ自体は嫌いじゃないですよ。なんたって教祖だからww。そういうライトな小説も、息抜きにはいいかもだけど。んーなんというか、書きたい物と読みたい物が違うと感じることも多々……わからんね~、小説って奴ぁ。

そんなわけで、次のSF企画。おそらく、かなり地の文ぎっちりな小説になるかと。なろうじゃ見向きもされないタイプかもしれんが、まあ今は一つのやり方に絞って書いていこうと思います。


なんか、まじめに語っちまったよorz だからタイトルだけでもふざけてみたw

PR
   Comment(7)   TrackBack(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

なるほど - 李仁古

なんとなく分かる気がします。僕の場合、ラノベはほとんど読まないのですが、参考にしてるプロの作家さんはいます。そのまま使ったりも(^^;
僕は「監獄街」ラノベではないと思います。文章の厚みや無駄に笑い要素を入れない所からすると、個人的には普通の文学小説かと。

書きたいものと読みたいもの。確かにちょっと違うかも。う~ん。奥が深いですね。そう考える俊衛門さんめ凄いですけど。
ぎっちりなのは好きです。海外のノワール小説が好きなので(^^)
でもぎっちりすぎはちょっとね。

期待して待ってますよ!
2008.07.11 Fri 22:35 [ Edit ]

私見。 - 藤夜 要

ラノベか文学かって、何か今イチ基準が解らない、読解力0の自分が言うのも何ですが。
自分も監獄街はラノベとは言い難いと思いますけどね。
お子様受け要素の有無が基準だとすれば、なんだけど。

自分も今、考え中のテーマですな。
自分が書いてるもんって何だろう、というテーマ、考え出すと、執筆が止まりません?(-"-;A

あ、だからもうコメり出すと長いから困るんですよ、荒らしじゃないから勘弁して下さいませねっ!
ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=┏( ;Д;)┛
2008.07.12 Sat 00:42 [ Edit ]

無題 - 現

どうも、お久です。いわれてみればフルメタっぽい雰囲気が監獄街にもあるかもしれませんね。ヒロインらしき存在はいるけど萌えを押し出していないとことか。フルメタの?付きの方はギャグやら全開ですが。

しかし僕としては戦闘が混じるファンタジーやSFものは大体がラノベに見えてしまうんですよね。ハリーポッターは余裕でラノベの範疇です。ごく稀に超重厚な作品もありますが今のとこ数作のみ。

なので、とりあえず僕としては監獄街はラノベ寄りかなあと。まあ比較材料の文芸作品がちょうど目に入った重松清や森博嗣や浅田次郎のなのであれですが。

確かに監獄街の内容はいかにもラノベな感じではありませんが、最近はそれでもありっぽいというかむしろ求めてる気がします。メフィストとかは。

ついでに言えばラノベでも「イリヤの空、UFOの夏」や橋本紡作品は心理描写を特に大事にしてますかね。ヒロインの行動も作者が意図して萌やそう(この表現ありなんですかね)としてるわけではなくちゃんと感情に添った理由があるというか、自然に好印象をもつ感じでした。僕的には萌えとは違うというか、なんとなく微笑ましい感じでして。

あとこっちはどっちも有名な漫画ですが「最終兵器彼女」や「ぼくらの」あたりは漫画なのに心理描写がかなり上手いです。前者は戦争と恋、後者は生き死にに際した感情がテーマでした。泣きそうでした。

あー、なんか言いたいことがずれてきた気がしますが、小説でしかできない心理描写や情景描写を重視した濃厚なラノベってのもありなんじゃないかと。そういうのを狙った作品でない場合ですが、正直なとこ萌えを求めてくるのは純粋な読者じゃないと思うので。

でも考えてみれば恋愛要素のないラノベってあまり見かけませんね……。そう考えると逆説的に監獄街はラノベじゃなくなるのだろうか。いやでもこの論理は・犬は動物→・猫は犬じゃない→・猫は動物じゃない、みたいな詭弁くさいかも。

えー、うだうだ長くなりましたが僕は感覚的・描写バランス的に分類するとやっぱり監獄街はラノベではなかろうかと。読む側としては、なろう内だとカバーや挿し絵やレーベルだとかで先入観がないせいか、ラノベか文芸かあんまり考えないですけどね。言われてみれば……という感じです。なんか睡眠直前のコメなんで支離滅裂気味ですがともあれこんなんで失礼しまーす
2008.07.12 Sat 01:12 [ Edit ]

ラノベどころか - ごん太郎

小説すらろくに読まないごん太参上!

読むのはもっぱら4コマ!
ぼくの書くものの描写が緩いのは、4コマを参考にしてるからです。
ダラダラ読んでもイケるような?

自分に合った書き方をしていけば、それでいいのではないかと思いますよ。
萌えをプッシュする作家は萌えを、シリアスをプッシュする作家はシリアスを、それぞれ合ったものをセレクトしたらいいのではないかと。
読みたくない人は読まないだけですからね。
わざわざ悪口入れる人は、大半やっかみです。

真面目な俊さん、ステキ♪
2008.07.12 Sat 14:31 [ Edit ]

米返納 - 俊衛門

>李さん
ん~まあ笑いの有無でラノベかどうか決まるわけでもないけど。たしかに、内容はどっちかっていうとピカレスクかな。ネット用に、ずいぶん抑えてあるけど。
やっぱり違うのかな。

海外ノワール、渋いの読むねあなたw 海外物はSFしか読まないんだけどね、自分。

>藤夜さん
あんまり基準なんてのは自分もわかりませんが、決してラノベは「お子様向け」ってわけじゃあないと思います。まあ、お子様向けも多いですが。

藤夜さんもそうですか。やはり、悩みますよねこういうの。

>現殿
むーさすが現殿。読み込んでるなあ。いや、ラノベは最近読まないからちょっと不安になって。

確かにラノベも、重厚な作品はありますよね。フルメタの長編は、結構シリアスで重いなと(あれの何がすごいって、シリアスとギャグのバランスがすばらしい)短編はほぼ全部がギャグだけどw

以前、「少年漫画みたいだ」っていわれたことがあるんだけど、やっぱりそうかなと思うんですよね。ピカレスク小説でもない、ノワールでもない。どっちかというと、格闘漫画のノリかなと。そう考えると、やっぱラノベかな。まあ、ああいう感じのラノベも「あり」ならばそれもありか。恋愛要素は……まあ近いうちに(笑)

それにしたって現殿、ほんとにくわしーなー。自分なんか、漫画ぐらいっきゃ読まないから。「ぼくらの」は確かにいい。「最終兵器彼女」は……あー……最後がちょっと……。

>ごんさま
花魁風に(笑)

4コマ、確かにそんな感じです! ごん太さんの作品。あれは非常に完成された漫画ですよね、4コマ。ま、とりあえず萌えよりシリアスを前面に押し出してます。

悪口は別にないですがw


mixiで同じこと書いたら、天崎さんが書きたい物を書いて、その結果、「どうも○○らしい」程度に思うくらいでいいということでした。公募に出すときは、とりあえず書き上げてからどっちに出すか決めるとしますか。
2008.07.12 Sat 17:44 URL [ Edit ]

あ、出遅れた; - 光太朗

すいません、今更感がありますが;
そこの出版社が何を求めているのか、どういう方向性で行くのかっていう問題(しかもそれはたいていの場合オープンにならない)にもなってくると思うので、その作品いっこを見てラノベなのかどうかというより、どこから出版されているのか、ああ、●●から出てるならラノベかなー、みたいな話になってくるような気がします、個人的には。
ラノベといわれているものも以前は萌えとは無縁でしたし、どんどん変わっていくんじゃないですかねー。

結局、書きたいものを書いて書いて書きまくってください!! ってことで。
2008.07.12 Sat 23:31 URL [ Edit ]

米to世界のこうたろーさん - 俊衛門

ちと遊んでみたw

>光太朗さん
まあ、確かに。富士見ファンタジア文庫や角川スニーカー文庫が純文学出すなんて到底思えませんし。レーベルの名前でジャンルも決まる感じですかね。
公募に出すとしたら、そこのレーベルから出ている中で作風が近いものを選ぶべきでしょうか。

まあ、それよりもまず筆力つけることですわなw
2008.07.13 Sun 15:12 URL [ Edit ]
コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

この記事へのトラックバック
TrackBackURL
  →
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[03/11 俊衛門]
[03/09 じょーもん]
[03/04 俊衛門]
[03/03 針井]
[03/01 光太朗]
最新トラックバック
(03/06)
プロフィール
HN:
俊衛門
HP:
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
ブログの評価 ブログレーダー
アクセス解析