忍者ブログ

[PR]

2017.10.21 -
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   ▲ENTRY-TOP

第一回武術談義:刀剣

2008.06.01 - 武術・武道
というわけで,一周年記念。第一回は,刀剣講座。

え,いらないって? いやいやそんなことおっしゃらずに……


さて,まずは刀と剣について説明しましょう。


剣とは,両側に刃がついています。直刃で,刺突に適しています。一方刀は,片側に刃がついており,湾曲していることによって切断力を重視しています。この辺は,常識でしょうね。

前回,剣は斬ることはないと書きましたがまったく斬れないわけじゃありません。西洋の剣は重みで叩き斬る,いわば鉈のような使い方をされていたそうです。よって,西洋の長剣は日本刀よりも重いです。鉈と同じく,頑丈ですが切れ味はそうでもなかったとか。まあ,それでも豚の肉くらいなら切れたらしいですが(マテ)
これを,甲冑の上から叩きつけるわけです。斬れないというより,斬る必要がなかったそうで。だから,日本刀なんかに比べるとナマクラなんです。(サーベルとかはまた後日考察します)

日本刀は,鉄を薄く伸ばして鍛えており,刃は薄くできています。カミソリの刃を思い浮かべていただければわかりやすいかと。西洋の剣は刃に触っても切れません。が,日本刀は切っ先にちょっとさわっただけでも皮膚が傷ついてしまいます。それほどまでに切れ味は深い。ただし,その分脆かったようです。実際,刀は横からの衝撃に弱くまっすぐ切り込まないとすぐに曲がってしまいました。また,時代劇でよく「峰打ち」なんてやってますが,峰のほうで打つと刀折れてしまったそうで。扱いは難しく,乱戦には向かないタイプだったのです。

戦国時代の刀は,それでも結構頑丈にできているそうですが,江戸から明治,昭和の刀は結構すぐに折れちゃうものが多かったそうです。

もし,小説で剣戟を書かれる方がいらっしゃったら,まず刃の強度に触れてみてはいかがでしょう。鉈か,カミソリか。剣で戦う場合は,頑丈だけど切れ味は望めない。刀で戦う場合は,切れ味は抜群だけど脆い,と。武器によって一長一短あるものです。

さて,もうひとついきます。

日本の剣術のほとんどが「刀」を使います。長刀や小太刀など,流派によって獲物も様々ですが,現代に伝わる剣術で諸刃の剣を使う流派はほとんどありません。少なくとも私が知る流派は,全て刀を使用しています。

しかし,「剣」は前述したように直刃の諸刃の剣のことを言います。刀を使うなら,「刀術」と記さなければならないはず。なのに,「剣術」。それから派生した剣道も,「剣」の字をあててます。

それだけじゃなく,司馬遼太郎の「燃えよ剣」だとか津本陽の「剣の命」とか,日本刀そのものを「剣」ということが多いです。これはいったい,なんででしょう。

日本武術の母体となった中国武術では,剣と刀は明確に分けられます。太極剣,長穂剣,双剣などを扱う場合は「剣術」。柳葉刀,青龍偃月刀を扱う武術は「刀術」と明確にわけられます。しかし,日本では刀を扱うにも関わらず剣術,日本刀も刀と呼ばれたり剣と呼ばれたり,刀と剣がいっしょくたにされてます。

最初,大陸から日本に渡ってきたのは「剣」でした。飛鳥や奈良の遺跡からは,諸刃の「剣」が出土されています。当時は,大陸の文化をそのまま受容する,という文明でしたので装束も武器も,すべて中華風だったんですね。

それが,武家が現れた平安後期から変わってきます。

というのも,武士の台頭により,合戦は馬上で斬り合うスタイルに変わってきました。馬上では,まっすぐな剣より反りのある刀のほうが扱いやすかったのです。当時の刀は,江戸期に造られた作よりもさらに反り返っています。この当時は,片手で刀を扱っていました。

鎌倉時代には,武家の力が強くなりさらに刀が生産されるようになりました。元寇の襲来は,刀市場をもっとも活発にした事件でもありました。このころ,現代の国宝である正宗が作られました。現代の刀の原型が,このころ出来上がったわけです。剣が,完全に刀に移行したわけです。

戦国時代には,足軽と呼ばれる雑兵の出現により馬上での戦闘から歩兵戦重視の刀がつくられるようになりました。反り返った刀から,反りの少ない刀へ。現代の日本刀に近い,接近戦用の刀が生み出されました。

その後,明治9年の廃刀令まで刀は多くつくられ,武士の標準装備となっていったのです。

こうした歴史の中で,中華風の「剣」はほぼすべて,完全に「刀」に移行しました。そのため,剣と刀のがあいまいになってしまったわけです。

では,日本ではなぜ諸刃の剣が使われなかったのか。実際,多種多様な刀剣が生み出された中国,西洋と違い日本刀はあまり種類が増えることはありませんでした。これは,日本刀がそれだけで完成された武器に進化していったという証でもあります。

まあ,日本刀と武士道,剣術は密接につながりあっており,剣が刀にとってかわる余地はなかったとも考えられますけどね。

次回も刀剣,今度は「手の内」について考察します。
PR
   Comment(7)   TrackBack(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

なるほど - 愛田 美月

こんばんは~。

とっても勉強になりました。
また勉強させてもらいにきますね~。

ではまた(^-^)/~~
2008.06.01 Sun 20:54 [ Edit ]

無題 - 神月きのこ

先日はありがとうございました。神月です。
刀剣…勉強になりますね。
自作にも剣士が何人も出てくるので、是非参考にしたいところです。スキルが足りなくて結局今までと変わらない書き方になりそうな気もしますが(;´Д`)

ところで、うちのブログに俊衛門様のサイトへのリンクをはってもよろしいでしょうか?
2008.06.01 Sun 22:38 [ Edit ]

どうも - ごん太

はじめまして、ごん太です。偶然キリ番を踏んでしまいました。
まあ、ぶっちゃけ、でん助ですけどね。

和風モノを書いた経験がある自分からすると、刀、剣の知識、勉強になりました。
んが、しかし。
読み手は案外現実を知らないんですナ。
刀は「折れない、頑丈」と考える方、かなりいます。
漫画の剣戟、ゲームのアクションによる影響が強いんでしょう。
作品にした場合、現実的にするか、あるいは漫画的にするかが問題になります。

まあ、作風に合えばどっちにするかは自由だと考えますけど。
鉄鎖残月がポッキン折れたら、愛染ガッカリだから。
漫画のBLEACHネタですが、わかります?


まあ、そんな感じです(?)
2008.06.02 Mon 12:21 [ Edit ]

ナイスです - ガルド

素晴らしい。いや、その……素晴らしい(なに

今後ともこのコーナー、草葉の影から全力で応援させていただきます。
2008.06.02 Mon 16:41 [ Edit ]

江戸の虎面斗を長崎で返す - 俊衛門

おお、なんか意外と好評だぞこの記事w 

そんなことされると、調子こいて第二回とかやっちゃうよ? いいのか? 本当にいいのか!?

・・・まあ、気が向いた時に。

>愛田さん
勉強、ははは勉強すか。結構、これ書くときにWik○p○diaとかその辺を調べながら書いたのは内緒の話。

なんかリクエストがあれば、いってくださいw

>神月さん
やー、参考だなんて。あの剣戟は半端ない迫力ですからね~。そのままでもいいかと。

リンク、えいいんですか? 是非、お願いしやす! 姉さん!(え

>ごん太さん
おお、お久しぶりです。いや、はじめまして? まあどっちでもいいか(よくない)

日本刀に関しては、一種の伝説みたいのがありまして。「折れず曲がらずよく斬れる」みたいな。しかし、実際は折れるし曲がるし斬れるっちゃあ斬れるんだけどすぐに 刃がだめになるという代物で、折れず曲がらずというのは本当に傑作と呼ばれる名刀ぐらいなものだったそうですね。特に、徳川泰平の時代になってから刀はあまり使われなくなり、戦国時代のものよりも脆いものが増えたそうです。

BLEACHですかあ、あれはちょっと肌に合わないんですよね・・・まあ確かに、マンガでは刀はぽっきりいっちゃまずいですよね。でも、拙作では刀は案外、簡単にぽっきりいっちゃってます(笑) そこだけ妙にリアルだったりする。ご確認いただければ・・・(宣伝)

調子こきましたm(_ _)m

>ガルド殿
草葉のっ!? だれぞに殺られましたか!

オジキの仇はオレが・・・いや、ほらファミリーの仇って意味でさ、なんだ、そのねえ・・・。
2008.06.02 Mon 17:34 URL [ Edit ]

西洋剣術の - stephan

Avalonのstephanです。
西洋剣術のことを真摯に書いていただきありがとうございます。
ネット動画などで、盾やロングソードの動きが良くわかる時代になってきました。ニコニコ動画の書き込みを見ますと動きが全然違うという人、日本のパクリというひと、さまざまおります
2008.07.19 Sat 09:11 [ Edit ]

stephanさま - 俊衛門

ご訪問ありがとうございます。私のつたない文章を読んでいただき、ありがたいやら恐れ多いやら。本人は日本剣術しかやったことありませぬゆえ、西洋のそれに関してはネットでの情報や書籍に頼るしかなく、それだけに間違っていないかとビクビクしながら書いている所存です。

西洋剣術の動きは、やはり日本剣術とは違いますがよく見ると似ているといいますか……無駄のない、理に適った動きという点では日本も西洋も変わらないように見えます。どちらかがどちらかのパクリ、という話ではなくやはり武術はつき詰めていけば「いかに効率よく敵を倒すか」に集約されているように見えます。特にドイツ剣術で、敵の剣を奪う動作(なんというのかはわかりませんが)。合気道や日本柔術の無刀取りに通じるものがあるように思えます。

このたびはありがとうございました。
2008.07.20 Sun 03:08 URL [ Edit ]
コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

この記事へのトラックバック
TrackBackURL
  →
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[03/11 俊衛門]
[03/09 じょーもん]
[03/04 俊衛門]
[03/03 針井]
[03/01 光太朗]
最新トラックバック
(03/06)
プロフィール
HN:
俊衛門
HP:
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
ブログの評価 ブログレーダー
アクセス解析