忍者ブログ

[PR]

2017.10.18 -
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   ▲ENTRY-TOP

『パトレイバー』『人狼』『攻殻機動隊』『イノセンス』

2009.02.16 - 小説
『パトレイバー』の劇場版、1と2を見ました。


2については、自衛隊がクーデターを起こすというものすごくワタシ好みな内容でしたw 本当、政治物とか好きだわー自分。

押井作品は、見る人によって好き嫌いがはっきり別れるところですね。宮崎駿と違い、場面と場面の間で何かを感じ取らせようとする。難しい事を簡単に言いなおす事もせず、ただ「分かる人だけ分かれ」というこのスタンス。ジブリ作品が誰でもわかるファミリー向けなのに対し、押井作品は見る人を選ぶ知的エンターテイメントといった感じです。

押井作品の何が好きかっていうと、その世界観はバリバリなSFなのに、問うてるテーマはド文系なところでしょうか。『パトレイバー』においては都市論をベースに戦争や政治を描き、『攻殻機動隊』『イノセンス』は人間の定義や哲学、法律や倫理を描き出している。それがテクノロジーの進歩と調和して、うまく社会派SFを作り出している。自分もそんなSFを書きたいと思う、今日この頃。

『夜狗-YAKU-』も、実はそんなところを狙って書いていたりします。テクノロジーの描写に字数を裂いているようで、政治や経済、法律にかなり気を配りました。専門が政治経済系なので、生体技術云々は激しく専門外なんです。なので、これから読むという方はその辺を注意して(宣伝)

しかし、ただでさえSFって読者少ないのに、この上政治物って。ライトノベルのレーベルで、政治物ってなにかあったかな? SFは、まあライトなSFが好まれるとしても、政治に関してはライトにしようがないし。やっぱ、どこも「萌え」重視か……。
PR
   Comment(2)   TrackBack(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

政治… - 早村友裕

文系科目からとことん逃げてきたド理系の早村です。政治…経済…で、できればお手柔らかにー(__;)
あっ、そういえば夜狗、読み終わったのに感想入れてなかった事に気づいたので、また今度お邪魔します!

それから、ええと、ここからが本題です。実は文章書きたい症候群にかかって、昨年のセイとカナさんのコラボの続きを書いてしまいました…
事後承諾になりましたが、勝手にキャラクターを使ってしまったことをお許しください(>_<)
戦闘描写、やっぱりひじょおに難しいです。精進しますっ
ではでは(^^)
2009.02.19 Thu 22:46 [ Edit ]

パソコンから変な音がするのよ - 俊衛門

>早村さん
どうもどうも、色々とお疲れ様です。わたしゃド理系な早村さんがうらやましいw うちの家族って、父親も姉も研究者なんですよね。だから、小さい頃から理系の道にあこがれていたんですが、高校の時数学がダメすぎてorz だからって政治もそんなに詳しいわけじゃないですがね。謀略や政争とかのドロドロしたのが好きなだけですw

コラボ小説、拝読いたしました。いやー、おもしろい。またこちらでも乗っけさせていただきます。戦闘描写は、ロジックでありつつ情緒なんですよね。つまり理系感覚と文系感覚を同時に持ち合わせ……なんのこっちゃw

感想ですか、いやありがたいです。でもまあ、自分としては読んでいただいたってだけでも満足ですよ。しかもイラストまで描いてもらっちゃってるので。テラス・コード、また今度読みますね。
2009.02.20 Fri 06:59 URL [ Edit ]
コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

この記事へのトラックバック
TrackBackURL
  →
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[03/11 俊衛門]
[03/09 じょーもん]
[03/04 俊衛門]
[03/03 針井]
[03/01 光太朗]
最新トラックバック
(03/06)
プロフィール
HN:
俊衛門
HP:
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
ブログの評価 ブログレーダー
アクセス解析